ホーム > 東日本大震災関連情報 > 震災Q&A > 各種支援制度関係 > 東日本大震災で避難していますが、避難先で生活保護の申請をする…

各種支援制度関係

東日本大震災で避難していますが、避難先で生活保護の申請をすることができますか。
もともと住んでいた所には資産があるのですが、大丈夫でしょうか。
避難先の市区町村(福祉事務所)で生活保護の申請をすることができます。
地元に資産があっても、処分が困難であることなどを説明すれば、生活保護を受けることが可能な場合があります。
  • 厚生労働省の平成23年3月17日付け通知「東北地方太平洋沖地震による被災者の生活保護の取扱いについて」は、「本来の居住地に帰来できない等被災者の特別な事情に配慮し、避難先の保護の実施機関が実施責任を負い現在地保護を行うものとすること」と定めています。
  • 通帳など資産を証明する書類が手元になかったり、地元に残した自動車や自宅がどうなっているかが分からなかったりする場合でも、申請に対しては柔軟に対応することになっていますから、避難先の市区町村(福祉事務所)に相談してみてください。
  • ただし、被災地に残した資産について、後日、処分可能となった場合には、それまでに受給した保護費の返還が必要になる場合がありますので、申請にあたっては、市区町村(福祉事務所)からよく説明を受けてください。
震災 法テラスダイヤル
  • オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。
  • 各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します。
オペレーター

(弁護士や司法書士による個々のトラブル等に応じて法的判断を行い、解決策をアドバイスする相談とは異なりますのでご注意ください。)

※震災関連専用となりますので、ご留意ください。

電話 0120-078309(おなやみレスキュー)通話料・利用料ともに無料 PHS・IP電話からもつながります 平日 9:00〜21:00 土曜 9:00〜17:00
  • メール受付24時間受付中
  • お近くの法テラス
  • 相談窓口情報検索

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。