ホーム > 法テラスピリッツ記事一覧 > Article04 法テラススタッフ弁護士の新しい働き方

Article04 法テラススタッフ弁護士の新しい働き方

法テラススタッフ弁護士の新しい働き方〜法務省大臣官房司法法制部での研修〜

 法テラスでは、現在、スタッフ弁護士について、外部機関で様々な経験を積み、法テラスの業務に活かすため、自治体や社会福祉法人等への研修・出向派遣を積極的に行っており、現在のところ8名のスタッフ弁護士を各機関へ派遣しています(平成25年10月末時点)。
 今回は、法テラスの運営全般を監督する官庁である法務省へ今年の5月より研修派遣している中澤康介(なかざわ・こうすけ)弁護士にインタビューしました。

Q1.簡単なプロフィールを。

 平成19年9月登録の(旧)60期です。法テラススタッフ弁護士に採用後、養成事務所(※)である紀尾井町法律事務所に入り、1年4か月、弁護士業務を学びました。平成21年1月にスタッフ弁護士として法テラス岐阜へ赴任し、平成24年5月で退職しました。その後、紀尾井町法律事務所へ戻りましたが、今春、再びスタッフ弁護士に採用され、平成25年5月7日から法務省大臣官房司法法制部に研修員として派遣されています。


※養成事務所
 司法研修所での修習を終えて、法テラスのスタッフ弁護士に採用された実務経験のない弁護士が、全国にある法テラスの法律事務所へ赴任する前に1年程度所属し、実務経験を積みながら法曹としての養成を受ける一般の弁護士事務所。

Q2.スタッフ弁護士時代に力を入れていた活動は。

 事件の内容を見ると、負担感としては、刑事事件が占める割合が多く、裁判員裁判を含め国選弁護事件に一生懸命取り組みました。また、地元のホームレスの方や派遣切りにあった人を支援する団体の方とよく仕事をした関係で、ホームレスの方の生活保護申請の同行支援や債務整理等をよく依頼され受任していました。それ以外には、精神保健福祉士や社会福祉協議会の方とも連携して仕事をさせていただき、今各地のスタッフ弁護士も注力している、複合的な問題を抱えた人に対し司法と福祉が連携して支援する活動(司法ソーシャルワーク)を積極的に行っていました。

Q3.今回の研修派遣に挑戦したわけは。

 法務省大臣官房司法法制部で研修を受けないかとお話をいただいたとき、弁護士の派遣自体初めての試みで研修生第1号になるということでしたし、私自身知らない世界だったので、これは面白そうだ、やりがいもあるだろうと感じました。ただ、当時、事件を処理して事務所へ経費を納めなければいけない立場でしたので、研修に行くとなると、その期間不在にする事務所に迷惑をかけしてしまうと思い悩みました。そこで、事務所の代表弁護士や先輩弁護士に相談したところ、「お前はどうしたいんだ。行きたいなら行って来ればいい。」と快く送り出していただいたので、研修の経験がスタッフ弁護士や法テラスの役に立つのであれば、是非行こうと思い決断しました。

Q4.現在研修派遣されている、法務省の部署を紹介してください。

 現在研修派遣されているのは、「法務省大臣官房司法法制部」というところです。所掌事務としては司法制度に関する調査研究や法令案の作成、法令・判例や法務に関する資料の収集・整備・編纂・刊行、法制審議会の運営等様々な分野がありますが、私の研修を担当 していただいている部署「司法法制課総合法律支援推進室 」では、その名の通り「総合法律支援に関する事務」を取り扱っています。法テラスは、総合法律支援法という法律に基づいて設立された団体ですが、要するに現在の部署は法テラスの体制整備全般に携わる業務を行っています。

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。

法テラスピリッツ記事一覧

Article29 困ったら、法テラス・サポートダイヤルへ! 〜「スーパーバイザー」としてオペレーターを支える〜

今年10月に、法テラスのコールセンター、「法テラス・サポートダイヤル」は業務開始から・・

→続きを読む

Article28 「市民生活の中にある法テラス」を目指して
法テラス理事 坂本かよみ

平成26年4月に法テラスの理事(非常勤)に任命された、坂本かよみ理事。・・

→続きを読む

Article27 〜後編〜「司法ソーシャルワーク〜埋もれたニーズを連携によって掘り起こす〜」

夕方4時頃、村山弁護士を訪れると、村山弁護士を含め数名のスタッフ弁護士が会議室に・・

→続きを読む

Article27 〜前編〜「司法ソーシャルワーク〜埋もれたニーズを連携によって掘り起こす〜」

法テラスでは、平成26年度から司法ソーシャルワーク(以下「司法SW」)の取組みに・・

→続きを読む

Article26 島で唯一の法律事務所「法テラス徳之島」で働く職員 助中 昭文

平成25年8月1日、鹿児島県の離島、徳之島に「法テラス徳之島」が開所しました。・・

→続きを読む

Article25 裁判官になったスタッフ弁護士 東京高等裁判所判事 南部潤一郎

東京高等裁判所の南部潤一郎判事は、平成26年9月まで、法テラスで働く “スタッフ弁護士”でした。・・

→続きを読む

Article24 法律扶助を支え続ける〜後編〜

前編では、今重一所長に、弁護士として法律扶助とのかかわりや弁護士の在り方などについて聞きました。後編では、法テラス釧路の所長として・・

→続きを読む