ホーム > 法テラスピリッツ記事一覧 > Article05 シリーズ1:被災者起点を忘れない。“法律”が被災者のためにできること。―宮城県亘理郡山元町―

Article05 シリーズ1:被災者起点を忘れない。“法律”が被災者のためにできること。―宮城県亘理郡山元町―

 法テラスがこれまでに設置した7か所の出張所に寄せられた相談件数は、10,000件以上。震災後時間の経過とともに、支援熱や大災害への危機感の薄れが問題視されていますが、被災地での相談需要は高いまま続いています。
 震災直後から今日に至るまでの山元町の復旧・復興に向けた歩み、現在の復興計画の進捗状況と課題、法的ニーズの現状、自治体の被災者支援と法テラス出張所の支援がどのようにかみ合っているのか、今後の継続的な被災者支援の在り方等について、今後シリーズで法テラスが所在する被災自治体の職員の方々の現場の声をお届けしていきます。第1回は、法テラス山元がある宮城県亘理郡山元町です。
法テラス被災地出張所設置地域/宮城県亘理郡山元町とは
法テラス山元については広報紙「ほうてらす」25号「のぞいてみよう法テラス」で紹介しています。詳しくはこちら

山元町町民生活課 佐藤澄三郎(すみさぶろう)課長インタビュー

山元町町民生活課 佐藤澄三郎(すみさぶろう)課長

Q1.山元町の東日本大震災による被害状況は。

 山元町の地形は、平たんなところが多く、町の3分の2ほどを占める山側でも丘陵地が大部分です。交通事情では、浜通りにJR常磐線が走っており、仙台から35キロという距離的条件もあり、仙台市内のベットタウンとして町内外から人が集まり、駅を中心とした地区に住宅が集中して建てられてきました。
 山元町は全長11キロの海岸線に面していますが、震災時は10メートル以上の津波が襲い、その海岸線の地域すべてが流失しました。また、町の中央部を走る国道6号線を越流して山側まで浸水した地域もあり、山元町世帯数の約半数に当たる2,494世帯が被害を被りました。浸水エリアは24平方キロです。山元町の面積は64.4平方キロですので、町の約37%が浸水エリアになっています。
 人的被害としては、634名もの方が亡くなり(うち、ご遺体が発見されず、死亡届が出された16名及び災害関連死18名を含む)、家屋被害では、半壊以上が3,302棟にのぼります。
 山元町の特産であるいちごも大きな被害を受け、その農地の95%が津波に遭い、塩害で生産のめどが立たないという大打撃を受けました。町の漁業の拠点であった磯浜漁港も施設が壊滅し、宮城県内でも有数の水揚げ量をほこったホッキ貝も水揚げが途絶しました。

Q2.町役場は被災しなかったのでしょうか。

山元町役場
 役場は元々高い場所に立地していたので、直接の津波被害は受けませんでしたが、地震では被害を受け、耐震強度不足で不特定多数の人が集まるには適さないと判定されました。ですので、昨年度庁舎を解体し、平成23年7月に近くにプレハブの仮庁舎を建て、役場機能を回復させ現在はこちらで仕事をしています。
 震災直後は庁舎自体が使えるような状況ではなかったので、庁舎の東側にテントを張り、そこに本部を設け、役場、警察、消防、自衛隊が集まり初動はそこで行いました。どうしても手狭になったり雨などで中々大変でしたが、取り壊した前庁舎の何とか使える状態だった1階部分に、震災から1週間ほどで本部を移しました。

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。

法テラスピリッツ記事一覧

Article29 困ったら、法テラス・サポートダイヤルへ! 〜「スーパーバイザー」としてオペレーターを支える〜

今年10月に、法テラスのコールセンター、「法テラス・サポートダイヤル」は業務開始から・・

→続きを読む

Article28 「市民生活の中にある法テラス」を目指して
法テラス理事 坂本かよみ

平成26年4月に法テラスの理事(非常勤)に任命された、坂本かよみ理事。・・

→続きを読む

Article27 〜後編〜「司法ソーシャルワーク〜埋もれたニーズを連携によって掘り起こす〜」

夕方4時頃、村山弁護士を訪れると、村山弁護士を含め数名のスタッフ弁護士が会議室に・・

→続きを読む

Article27 〜前編〜「司法ソーシャルワーク〜埋もれたニーズを連携によって掘り起こす〜」

法テラスでは、平成26年度から司法ソーシャルワーク(以下「司法SW」)の取組みに・・

→続きを読む

Article26 島で唯一の法律事務所「法テラス徳之島」で働く職員 助中 昭文

平成25年8月1日、鹿児島県の離島、徳之島に「法テラス徳之島」が開所しました。・・

→続きを読む

Article25 裁判官になったスタッフ弁護士 東京高等裁判所判事 南部潤一郎

東京高等裁判所の南部潤一郎判事は、平成26年9月まで、法テラスで働く “スタッフ弁護士”でした。・・

→続きを読む

Article24 法律扶助を支え続ける〜後編〜

前編では、今重一所長に、弁護士として法律扶助とのかかわりや弁護士の在り方などについて聞きました。後編では、法テラス釧路の所長として・・

→続きを読む