ホーム > 法テラスピリッツ記事一覧 > Article17 「高齢者・障がい者問題を生きる〜前編〜」

Article17 「高齢者・障がい者問題を生きる〜前編〜」

法テラス鳥取所長 寺垣琢生弁護士

寺垣所長

 日本では、高齢者人口の増加とともに、高齢者を取り巻く法律問題も増えています。中でも、高齢者の成年後見申立の需要が今以上に増加することが予想されます。そこで、成年後見人活動を支援する社団法人とっとり東部権利擁護支援センターの理事長であり、長く法律扶助の充実に取り組まれ、現在は法テラス鳥取の所長も務めている寺垣琢生弁護士に高齢者の成年後見申立の現状と今後の課題などについてお話を聞きました。
(インタビュアー:法テラス鳥取 大塚久徳事務局長)

弁護士を志したきっかけ

組織に入って仕事をすることに向いていないことが一番の理由ですかね。自由なイメージが弁護士にあったのでしょうね。

―弁護士になられて自由になった感覚はありますか。

ははは、私からすれば自由にやっているつもりですが、妻から見ればものすごい不自由に見えるようです。
弁護士会の仕事とかいろいろあって、やりたいことができているの?と。

―たしかに、本当にお忙しいですよね。

高齢者障がい者の問題はやりたいことをやっているからいいんですけれども。
特に平成19年に体調を崩してからは自分がやりたいことしかやらないように気をつけています。

20代の頃の寺垣所長

20代の頃の寺垣所長

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。

法テラスピリッツ記事一覧

Article29 困ったら、法テラス・サポートダイヤルへ! 〜「スーパーバイザー」としてオペレーターを支える〜

今年10月に、法テラスのコールセンター、「法テラス・サポートダイヤル」は業務開始から・・

→続きを読む

Article28 「市民生活の中にある法テラス」を目指して
法テラス理事 坂本かよみ

平成26年4月に法テラスの理事(非常勤)に任命された、坂本かよみ理事。・・

→続きを読む

Article27 〜後編〜「司法ソーシャルワーク〜埋もれたニーズを連携によって掘り起こす〜」

夕方4時頃、村山弁護士を訪れると、村山弁護士を含め数名のスタッフ弁護士が会議室に・・

→続きを読む

Article27 〜前編〜「司法ソーシャルワーク〜埋もれたニーズを連携によって掘り起こす〜」

法テラスでは、平成26年度から司法ソーシャルワーク(以下「司法SW」)の取組みに・・

→続きを読む

Article26 島で唯一の法律事務所「法テラス徳之島」で働く職員 助中 昭文

平成25年8月1日、鹿児島県の離島、徳之島に「法テラス徳之島」が開所しました。・・

→続きを読む

Article25 裁判官になったスタッフ弁護士 東京高等裁判所判事 南部潤一郎

東京高等裁判所の南部潤一郎判事は、平成26年9月まで、法テラスで働く “スタッフ弁護士”でした。・・

→続きを読む

Article24 法律扶助を支え続ける〜後編〜

前編では、今重一所長に、弁護士として法律扶助とのかかわりや弁護士の在り方などについて聞きました。後編では、法テラス釧路の所長として・・

→続きを読む