ホーム > 法テラスピリッツ記事一覧 > Article24「法律扶助を支え続ける〜後編〜」法テラス釧路所長 今重一弁護士

Article24「法律扶助を支え続ける〜後編〜」
法テラス釧路所長 今重一弁護士

前編では、今重一所長に、弁護士として法律扶助とのかかわりや弁護士の在り方などについて聞きました。後編では、法テラス釧路の所長として思うことや、さらにはプライベートなお話も少しうかがいました。

法テラス設立時の苦労

釧路は関係各機関の協力があったので特に苦労したと感じたことはないのですが、設立前には「法テラス」が独立行政法人の扱いを受け、法律扶助だけではなく国選弁護など刑事関係の業務も担当するということで、組織のイメージが湧きにくかったのは事実です。理事長にすべての権限を集中させるという制度的枠組みに戸惑う関係者も多かったです。今まで法律扶助を支えてきた弁護士・司法書士の意見をすくい上げる仕組みになっているのか、地方事務所は本部の指示をこなすだけという仕組みではないのかなどの懸念があったのです。また、弁護士の中には国選弁護制度の運営を法務省を監督官庁にもつ法テラスに移すことに反対する動きもありましたし、法テラスが弁護士を管理監督する「第二弁護士会」になるのではないかと警戒する動きもありました。それらの意見に対して、法テラスを作って支えていくのは弁護士・司法書士であり、弁護士・司法書士の意見を十分反映させていけるんだと説明し、理解を得ていくのがなかなか難しかったです。

−どのように説得されたのでしょうか。

総合法律支援法の枠組み上は理事長に権限が集中しているのは事実ですが、現場で働く弁護士・司法書士の協力なしには成立しない組織であるので、第二弁護士会になる余地はないということを丁寧に説明しました。地方事務所からの意見集約の仕組みを作り、上意下達的な運営にしないことが見えるような形にすることには、とりわけ苦労しました。設立当初の全国の所長はみなさん同じ苦労をされたと思います。

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。

法テラスピリッツ記事一覧

Article29 困ったら、法テラス・サポートダイヤルへ! 〜「スーパーバイザー」としてオペレーターを支える〜

今年10月に、法テラスのコールセンター、「法テラス・サポートダイヤル」は業務開始から・・

→続きを読む

Article28 「市民生活の中にある法テラス」を目指して
法テラス理事 坂本かよみ

平成26年4月に法テラスの理事(非常勤)に任命された、坂本かよみ理事。・・

→続きを読む

Article27 〜後編〜「司法ソーシャルワーク〜埋もれたニーズを連携によって掘り起こす〜」

夕方4時頃、村山弁護士を訪れると、村山弁護士を含め数名のスタッフ弁護士が会議室に・・

→続きを読む

Article27 〜前編〜「司法ソーシャルワーク〜埋もれたニーズを連携によって掘り起こす〜」

法テラスでは、平成26年度から司法ソーシャルワーク(以下「司法SW」)の取組みに・・

→続きを読む

Article26 島で唯一の法律事務所「法テラス徳之島」で働く職員 助中 昭文

平成25年8月1日、鹿児島県の離島、徳之島に「法テラス徳之島」が開所しました。・・

→続きを読む

Article25 裁判官になったスタッフ弁護士 東京高等裁判所判事 南部潤一郎

東京高等裁判所の南部潤一郎判事は、平成26年9月まで、法テラスで働く “スタッフ弁護士”でした。・・

→続きを読む

Article24 法律扶助を支え続ける〜後編〜

前編では、今重一所長に、弁護士として法律扶助とのかかわりや弁護士の在り方などについて聞きました。後編では、法テラス釧路の所長として・・

→続きを読む