日本司法支援センター 法テラス

夫婦・男女のトラブル
離婚の慰謝料
Q.離婚の際、慰謝料のことをちゃんと決めてなかった。離婚後の今からでも請求できる?
A.離婚後であっても、離婚成立から3年以内であれば、慰謝料を請求することができます。
離婚に伴う慰謝料は、相手方の有責行為によって離婚をやむなくされたために被った精神的苦痛に対する損害賠償で、法律上、不法行為に基づく損害賠償とされています。
民法上、不法行為に基づく損害賠償請求権は、原則として被害者等が損害と加害者を知ったときから3年間で時効により消滅するとされており、時効消滅後は請求することができなくなります。
離婚に伴う慰謝料は、離婚が成立した時点で発生しますので、3年間は離婚が成立した時から計算されることになります。

法テラス・サポートダイヤルではこの問題はもちろん、その他にも各種法制度・法的トラブルについてのお問い合わせを受け付けています。
また経済的に余裕のない方のために、無料法律相談や、弁護士・司法書士の費用の立替えなども行っており、こちらも法テラス・サポートダイヤルでご案内しております。

法テラス・サポートダイヤル

0570-078374(おなやみなし)
PHS・IP電話 03-6745-5600
平日 9:00-21:00
土曜 9:00-17:00
ホーム
夫婦・男女のトラブル一覧