日本司法支援センター 法テラス

借金のトラブル
返済方法
Q.借金を低金利で一本化できるという広告を見ました。いい方法だと思うんですが・・。
A.債務を一本化することで、必ずしも状況が改善するとは限りませんので、慎重な判断が必要です。
現在の借金に見合う金額をまとめて借り入れることができるかどうかは、その借入先の判断になります。
多数の債権者への支払いを大口の借入れによって一本化しても、借金の総額は変わりません。ただし、金利の安い銀行などから借入れることにより、金利負担を減らすことができる場合があります。
一本化するためのお金を貸す銀行なども、返済してもらうことが前提ですので、お金を貸すかどうか(返済可能かどうか)はその銀行などの判断によります。
返済を確実にするために、保証人を求められることもありますので、本当に返済できるかどうか慎重に判断しなければなりません。借り入れた人が支払えない場合には、保証人がその支払義務を負いますので、結果として、保証人に債務を 負担させることになってしまうからです。
利息制限法を超過した利息で貸付を行う債権者からの借入れがある場合には、約定金利での債権額と法律上の債権額が異なることがあり、実際には支払う 必要のない部分も含まれることがあります。一本化により、支払う必要のない金額を支払うと、後に返還を求めることが困難になるばかりか、返済のために銀行などから借り入れた金額は有効な借金になるので、事実上負担が増すことも考えられます。
「低利での一本化」という言葉で支払いに行き詰った人を誘い、実際は高金利で貸付を行ったり、借入れには保証金が必要であるとして保証金を支払わせながら融資を行わない保証金詐欺を行う悪質業者も存在しますので、注意が必要です。

法テラス・サポートダイヤルではこの問題はもちろん、その他にも各種法制度・法的トラブルについてのお問い合わせを受け付けています。
また経済的に余裕のない方のために、無料法律相談や、弁護士・司法書士の費用の立替えなども行っており、こちらも法テラス・サポートダイヤルでご案内しております。

法テラス・サポートダイヤル

0570-078374(おなやみなし)
PHS・IP電話 03-6745-5600
平日 9:00-21:00
土曜 9:00-17:00
ホーム
借金のトラブル一覧