日本司法支援センター 法テラス

借金のトラブル
返済方法
Q.認知症の父が、多重債務を抱えているみたいなんです。私が代わりに債務整理できますか?
A.債務整理は、基本的には本人のみしかできませんが、成年後見制度を利用して代理人が整理できることがあります。
成年後見制度を利用し、認知症の方の法定代理人である後見人を選任して、その後見人が本人の代わりに債務整理の手続をとることになります。
他人の債務については、原則として、債務整理の手続をとることはできません。
しかし、認知症により充分な判断能力を失った方の場合、もはや債務整理手続を自身ですることも、代理人を選任してすることもできません。
そこで、認知症の方の法定代理人(後見人)を選任し、その者が認知症の本人に代わって行うことになります。

法テラス・サポートダイヤルではこの問題はもちろん、その他にも各種法制度・法的トラブルについてのお問い合わせを受け付けています。
また経済的に余裕のない方のために、無料法律相談や、弁護士・司法書士の費用の立替えなども行っており、こちらも法テラス・サポートダイヤルでご案内しております。

法テラス・サポートダイヤル

0570-078374(おなやみなし)
PHS・IP電話 03-6745-5600
平日 9:00-21:00
土曜 9:00-17:00
ホーム
借金のトラブル一覧