ホーム > ほうてらすPlus > 「ほうてらすPlus -vol.5-(PC版)」

「ほうてらす Plus -vol.5-」

みなさん、こんばんは。

今月14日に関東甲信が梅雨明けしたと気象庁から発表されました。
いよいよ夏本番ですね。

夏と言えば、休暇を取られる方も多いのではないでしょうか。
今年は9月に大型連休もあり、海外のパッケージツアーが大人気となっているようです。

休暇中も、トラブルなく過ごしたいもの。
でも、万が一トラブルにあってしまったら、まずは法テラス・コールセンターへお電話ください。
平日は夜9時まで、土曜日も朝9時から夕方5時までお問い合わせを受け付けています。

最新トラブル情報では、夏休みにまつわるトラブルをご紹介します。

では、さっそくご覧ください!

  1. 法的トラブル最新情報
  2. スタッフ弁護士メッセージリレー
  3. 法テラス事務所NOW
  4. ほっとほうてらす
  5. データでみる法テラス
  6. 法テラス関連ニュース

法的トラブル最新情報

お休みに旅行に行かれるという方、こんなトラブルにご注意ください。

パッケージツアーに参加したのですが、パンフレットに記載されている内容と全然違っていました。

スタッフ弁護士メッセージリレー

法テラスのスタッフ弁護士は、弁護士の数が少ないなどの理由で法律サービスが行き届かない地域で活躍しています。

波戸岡(はとおか)光太弁護士は、司法試験の受験中に司法過疎を解消するために北海道に赴任した弁護士の講演を聞き、「自分も弁護士になったら東京を離れ、地域のために精一杯やってみたい」の思いを抱き、今年1月から法テラス函館で勤務しています。

相談者とのコミュニケーションがとても大切だと語る波戸岡弁護士からのメッセージをお届けします。

法テラス事務所NOW

法テラス事務所の「今」の話題をお届けします。今回は、法テラス壱岐から。

法テラス壱岐は、長崎県の玄界灘に浮かぶ離島にあり、法テラスのスタッフ弁護士がいます。
法テラス壱岐の所長である浦崎弁護士は、毎年壱岐市内の小中学生を対象にジュニア・ロースクールを行っています。

今年は、壱岐市内の小学校での模擬裁判。
小学6年生が裁判官・裁判員・検察官・弁護人となって、童話の「かちかち山」を題材にした「かちかち山タヌキ殺し事件」を巡り、議論を交わしました。傍聴席(小学3〜5年生、保護者)からも幅広い意見が出されるなど、とても充実した時間となったようです。

法テラスのスタッフ弁護士は、法律相談を行ったり、訴訟事件を受任したりというだけではなく、今回のような法教育や、地域における関係機関とのネットワーク作りに取り組んでいます。

法テラス壱岐で行った法教育の模様は、法テラス長崎のホームページからご覧ください。

●● ほっと ほうてらす ●●

法テラスでは、8月1日(土)に神戸市東灘区民センターで開催されるNHKハート・フォーラム「あなたの財産と暮らしを守る〜成年後見制度〜」を後援します。

当日会場において、法テラスのリーフレットや広報誌を配布いたしますので、ぜひご参加ください。
※ご参加には事前のお申込みが必要となります。

●●   ●●   ●●

データでみる法テラス

法テラス・コールセンターでは、法的トラブルの解決に役立つ法制度や相談窓口をご紹介しています。

みなさんが法的トラブルで困って相談窓口を探すとき、インターネットや電話帳を見ても、情報はさまざまに散在していて、どう活用していいのか、またはどこを頼ればいいのか、すぐにわかるでしょうか。
そもそも困っている問題が法的トラブルなのか、自分の問題に適した窓口はどこなのか、いろいろ悩んでいるけど、どうやって相談すればよいのか・・
迷って、相談そのものをあきらめてしまった経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

実は、法テラスをご利用いただくメリットはそこにあります!

法テラスに登録されている相談窓口は「約25000」。
しかも、情報は随時更新しています。登録データには、単に連絡先が記載されているだけではなく、取り扱っている専門分野、面談・電話など相談種別、夜間や土日祝の開設状況など、窓口の特徴もこまかく登録されています。

お話をお伺いするなかで、「借金+離婚」「解雇+借金」といったように複数の問題が絡み合っていることも少なくなく、問題を整理し、状況やご希望に応じて、数ある窓口から最適なところをご紹介します。

混乱していて今置かれている状況がわからないといった不安を感じておられる方にも、安心してご利用いただける法テラスです。

法テラス関連ニュース

この数週間で配信された関連ニュースをご紹介します。

  • 7月23日【法テラス富山】
    富山県内では、被疑者国選弁護の対象事件範囲が拡大したことにより、適用件数が前年同期の5倍となった。
    国選弁護人の指名通知を行う法テラス富山は、「件数は急増しているが、弁護士にはスムーズに依頼を受けてもらっており、大きな問題はない」としている。(2009年7月23日北日本新聞記事より)
  • 7月23日【法テラス富山】
    被疑者国選弁護の対象範囲拡大から2ヶ月で、依頼急増。法テラス富山によると、対象事件の拡大以降、国選弁護人が選任されたのは、罪名別では窃盗(未遂含む)が最も多く、次いで傷害となっている。(2009年7月23日富山新聞記事より)
  • 7月18日【法テラス鳥取】
    「司法の現場から」
    法テラス鳥取に勤務するスタッフ弁護士・上田雅稔。
    クレジットが広く普及する一方で、クレジット会社に義務付けられている「与信管理(消費者の支払い能力を超える契約を締結しない)」が不十分であったがゆえに、多額の借金をし、返済のため生活が破綻する高齢者や主婦が増えていることを指摘。貸金業法の改正はなされたが、消費者保護の観点からさらなる検討が必要と語る。(2009年7月18日朝日新聞鳥取版記事より)
  • 7月16日【法テラス会津若松】
    開所から4ヶ月を迎えた法テラス会津若松。勤務するスタッフ弁護士・松川義行の一日を追った取材記事。
    4ヶ月で受けた相談件数は延べ180件以上。法テラスでは、一定の要件を満たす人には無料で法律相談が行えるため、これまで弁護士に縁がなかった人から頼られることも多いという。日本中どこでも平等な法的サービスを提供する必要があると、その役割を担えることにやりがいを感じていると締めくくる。(2009年7月16日福島民報記事より)
  • 7月14日【法テラス】
    産経新聞連載コーナー「暮らしに役立つ法律豆知識」
    第7回目は「遺言がない際の相続は?」(2009年7月14日産経新聞より)
  • 7月11日【法テラス和歌山】
    被疑者国選弁護制度の対象拡大1ヵ月。法テラス和歌山によると、制度改正後の件数は改正前の約10倍に増加。利用増に対応するため待機する弁護士を増やすなどの対応をしている。(2009年7月11日毎日新聞和歌山版記事より)
  • 7月10日【法務省】
    法務省だより「あかれんが」連載コーナー「そんなとき法テラスがお役にたちます」
    第7回目は「法テラスってどういう法人なの?」(2009年7月10日法務省HPより)

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。