ホーム > ほうてらすPlus > 「ほうてらすPlus -vol.33」

「ほうてらすPlus -vol.33」

目 次
  1. ホットトピック
    □豆知識 裁判員裁判とは?
    □あなたの街のスタッフ弁護士
  2. 法テラス最新情報
    □ご注意ください!
  3. 編集後記

1 ホットトピック

豆知識 裁判員裁判とは?

≪裁判員制度≫≪法テラス≫≪質の高い法曹(弁護士など)の数を増やす「法科大学院を中心とする法曹養成制度」≫…この3つは司法制度改革の主な柱ですが、今回は5月21日で丸4年を迎えた、裁判員制度について簡単にご説明いたします。

裁判員裁判とは…
 「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」により、一般国民が刑事裁判に参加する制度です。選挙人名簿から無作為抽出で選ばれた裁判員が、裁判官とともに刑事裁判の審理に参加し、被告人の有罪・無罪の決定、有罪の場合の刑の量定を行います。

【どんな事件が対象?】
死刑または無期の懲役・禁錮に当たる罪など重大な事件です。(殺人等)
【構成する人は?】
原則として裁判官3人、裁判員6人の合議体です。
【権利や義務は?】
裁判員は証人への質問権などを持ち、出頭義務及び守秘義務を負います。
【どんな人が選ばれるの?】
 毎年秋ごろ作成される、裁判員候補者名簿から選ばれます。名簿は各地方裁判所ごとに、管内の市町村の選挙管理委員会がくじで選んで作成します。

【法テラスの関わり】
 裁判員裁判をはじめとする、一定の被告事件や被疑事件の「国選弁護人の指名・報酬算定・費用の支払い」を行っております。
 「刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。」(第37条第3項)と憲法に規定された内容を実現するため、法テラスでは「国選弁護等関連業務」を行っているのです。
 検察官の言い分を正確に理解したり、自己の言い分を主張してこれを証明するなどの活動をするには、検察官と同じ法律の専門家の手助けを受ける必要があるからです。

【2009年5月21日】
 裁判員制度が施行されたこの日は、被疑者国選弁護事件(犯罪を犯したのではないかという疑いをかけられている資力が乏しい人に、国費で弁護人をつける事件)の対象事件の範囲が拡大した日でもあります。
 窃盗、詐欺、恐喝なども対象となり、被疑者国選弁護の件数は、1か月で10倍にも増加しました。
 現在も、法テラス各地方事務所においては、裁判所、弁護士会など関係機関の協力のもと、万全の体制で国選業務に臨んでいます。

【スタッフ弁護士から一言】
 一番多くされる質問、それは「どうして弁護士は悪いことをした人の味方をするの?」という素朴な疑問です。犯罪を行ったとして逮捕され裁判にかけられる人は、社会から孤立して孤独な存在です。その人がどんな人でもその人の立場に立って物事を一緒に考え、その人の利益を代弁し、庇っていくような活動をする専門家が必要不可欠です。そのために弁護士が弁護することは憲法で求められていて、弁護士は国家や社会を敵にしてまでも被疑者・被告人を弁護するのです。(法テラス千葉 M.N)

☆詳しくは用語集・FAQをご覧ください。法テラス・サポートダイヤルもどうぞ!
http://www.houterasu.or.jp/houterasu_gaiyou/mokuteki_gyoumu/kokusenbengo/index.html
法テラス・サポートダイヤル:0570-078374(平日9時-21時 土曜日9時-17時)

あなたの街のスタッフ弁護士

 すでにご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、法テラスに勤務する「スタッフ弁護士」は、各地の法テラスの事務所を法律事務所として、民事法律扶助、国選弁護といった業務のほか、司法過疎地域における法律サービスの提供を行っています。
 このほか、地方自治体・関係機関と連携し、高齢者虐待防止ネットワークへの参加や学校等における法教育など、地域に密着した多様な業務を展開しています。
 ご依頼を受けて、民生委員や福祉課の職員等を対象に法テラスの業務利用方法の説明会も行いますので、どうぞご連絡ください。
 (内容等によりスタッフ弁護士でなく職員がお伺いする場合もあります。)

☆詳しくはこちら
http://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/index.html
http://www.houterasu.or.jp/staff_bengoshi/staff_bengoshi_zenkoku/index.html

2 法テラス最新情報

ご注意ください!

 「法テラスを騙(かた)った通知にご注意ください!」最近、法テラスと関わりがあると誤解させるような類似した団体名を名 乗り、「民事訴訟裁判通達書」「本状を以て、あなたの民事訴訟起訴事実の通達とします。あなたの契約業者及び回収業者から、あなたは起訴されました。当協会まで至急ご連絡ください。」との通知を送付する団 体の情報が寄せられております。
 法テラスからこのような通知は、一切行っておりませんのでご注意ください。不審な電話等があった場合にはすぐに法テラスにご連絡ください。    

編集後記

 ここまで読んでいただきありがとうございます。
 法律用語ばかりで難しいとお感じでしょうか。それとも、より深い内容をお求めでしょうか。法テラスの広報媒体は多岐にわたりますが、比較的皆さまからのお声を反映できるのがこのメルマガだと思います。
 法テラスを活用し、皆さまの生活にお役立ていただければと思います。
 どうぞお気軽にご意見やご感想をお寄せください。お待ちしています。   

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。