ホーム > ほうてらすPlus > 「ほうてらすPlus -vol.54」

「ほうてらすPlus -vol.54」

目 次
  1. ホットトピック
    □昨年度は、約4,800万円のご寄附をいただきました。
  2. こんな時どうする?どうなる?
    □法テラスを利用中ですが、生活保護を受けることになりました。
  3. イベント情報
    □宮崎県にて司法過疎地域を対象とした講演を実施しました!
  4. 法テラスクイズ

1 ホットトピック

平成25年度は、約4,800万円のご寄附をいただきました。

 法テラスでは、随時ご寄附をお受けしています。いただいたご寄附は、法テラスが行う公益性の高い各種の業務に使用させていただきます。

●被疑者・被告人が反省の気持ちを表すために行う「しょく罪寄附」や、
●保護観察中の方や保護観察を終了した方が悔悟(かいご)の情を深めるために行う「更生寄附」もお受けしています。

☆ご寄附のお問合せは法テラス本部又はお近くの法テラスへ
http://www.houterasu.or.jp/houterasu_gaiyou/shozaichi_renrakusaki/index.html
☆ご寄附について
http://www.houterasu.or.jp/houterasu_gaiyou/kifukin/index.html

2 こんな時どうする?どうなる?

法テラスを利用中ですが、生活保護を受けることになりました。償還(支払い)は今後どうなりますか?

 弁護士・司法書士の費用は、原則として毎月5,000〜10,000円ずつお支払いいただきますが、法テラスの援助を受けている方が生活保護の受給を開始した場合、猶予申請をしていただければ、償還は原則として援助終結まで猶予となります。

 また、援助終結時に生活保護を受給している場合は、原則として事件の相手方等から得た経済的利益から償還していただきます。

 立替金が残る場合は、免除申請をしていただければ、この残金の支払いの免除を受けることができます。

☆手続き、必要書類についてのお問い合わせは、お近くの法テラスまで
http://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/index.html

3 イベント情報

宮崎県にて司法過疎地域を対象とした講演を実施!

 6月19日(木)、県内の司法過疎地域への広報活動の一環として、諸塚村役場に所長・スタッフ弁護士などがお伺いし、「高齢者保護と法律・犯罪被害者の救済」をテーマとした講演を実施しました。

 所長による講演では、早期の段階で法律専門家へつないでいただくことの重要性や、気軽に法テラスをご利用いただきたい旨をお話しました。
 また、遠方地域にお住まいの方のための「事務所相談」や、高齢の方や障がいを抱えている方向けの「出張相談」についてもご案内しました。

 ご参加いただいた方からは、「事業概要や役割がよく理解できた。」「地域住民に対する説明会の開催を検討してほしい。」等ご好評をいただきました。

 法テラス宮崎では、「市民に身近な司法」の実現を目指し、関係機関等向けに「無料」で出張講演・業務説明を実施しております。県内各地に出張もいたします。お気軽に法テラス宮崎までご連絡ください。

☆法テラス宮崎
電話番号:0503383−5530
URL:http://www.houterasu.or.jp/miyazaki/index.html

4 法テラスクイズ

 前回のクイズの正解は
3. 月〜金曜9:00〜21:00、土曜9:00〜17:00です。
(なお、日曜や祝祭日・年末年始は休業です。)
0570−078374にお気軽にお問い合わせください。

 では、今回のクイズに参りましょう!

 Q.法テラス・サポートダイヤルでは、お問い合わせの内容に応じて、適切な相談窓口を無料でご案内しています。
   ご案内する回数が多い機関は、順に、法テラス地方事務所、弁護士会、司法書士会ですが、その次に多い機関はどこでしょうか。

1. 市役所・区役所
2. 財団法人 日弁連交通事故相談センター
3. 都道府県労働局(総合労働相談コーナー)

 答えは次のメールマガジンで!

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。