ホーム > ほうてらすPlus > 「ほうてらすPlus -vol.76」

「ほうてらすPlus -vol.76」

目 次
  1. イベント情報
    □〜札幌で法教育、青森・東京・茨城では無料相談会〜
  2. ホットトピック
    □〜始まりました!多重債務相談強化キャンペーン2015〜
  3. 支援のWA!
    □〜町内会長さんのこんなこと〜
    10年前の借金!?利息も10年分!
  4. 契約弁護士・司法書士の皆様へ
    □〜家事事件にも書類作成援助を〜

1 イベント情報

〜札幌で法教育、青森・東京・茨城では無料相談会〜

◆10/19 「法テラス劇場」札幌で開演!〜おとなのための法教育2015〜

札幌に拠点を置く人気劇団「劇団イナダ組」と、法テラス札幌が再びタッグ!演劇とパネルディスカッションで、身近なトラブルの回避術をお届けします。参加無料!

◇詳細・お申込みはこちら
http://www.houterasu.or.jp/sapporo/news/page02_00024.html


★10/3 離婚で損をしないための法律講座&法律相談会in青森市

親権や養育費、面会交流、財産分与のこと…。
いざ離婚を考えると、いろいろな問題を向き合わなければなりません。
離婚後の生活を確かなものにするために、女性弁護士があなたの疑問にお答えします。

○詳しくはこちら(主催 青森県男女共同参画センター)
http://www.houterasu.or.jp/aomori/news/page05_00025.html
※無料法律相談の利用には資力要件があります。


★10/7 「法の日」記念!司法書士による少額訴訟夜間無料法律相談会in東京

友人に貸した10万円を返してもらえない…など、少額だから、とあきらめていませんか。
法の日週間(10/1〜10/7)を記念して、法テラス東京(新宿)、法テラス上野、法テラス池袋を会場に、無料法律相談会を実施します。
どうぞお気軽にご相談ください。

○詳しくはこちら(PDFファイル)
http://www.houterasu.or.jp/cont/100757839.pdf


★10/14 水戸市で「こころとくらしの無料法律相談」を開催します!

消費者トラブル・多重債務・相続・離婚・こころの問題などの相談に、弁護士・精神保健福祉士が対応します。
この機会に、日ごろのお悩みを専門家に相談してみませんか。

○詳しくはこちら(主催 水戸市消費生活センター)
http://www.houterasu.or.jp/ibaraki/news/page12_00055.html


★10/16 青森県平内町で無料法律相談会を開催します!

平内町社会福祉協議会との共催により、平内町勤労青少年ホームにて、無料法律相談会を開催します。
お困りのことがありましたら、お気軽にお問合せください。

○詳しくはこちら
http://www.houterasu.or.jp/aomori/news/20150911.html
※無料法律相談の利用には資力要件があります。

2 ホットトピック

〜始まりました!多重債務相談強化キャンペーン2015〜

9月1日から12月31日まで、多重債務相談強化キャンペーン2015を実施中です。

期間中、全国各地で専門家や相談員による相談会が実施されます。
借金についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひご案内・ご紹介ください。

○開催される相談会の予定や相談窓口情報はこちらから(金融庁)
http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/soudankai2015.html

3 支援のWA!

〜町内会長さんのこんなこと〜

10年前の借金!?利息も10年分!

■同じ町内に住むKさんは、10年前に金融会社からお金を借りて、まったく返済していなかったみたい。先週「債権を譲り受けた」と、全く知らない会社から請求書がきてびっくり!
10年間の利息も含めた金額が請求されていて、Kさんが「どうしよう」って…まず、どうしたら?

○まずは安易に支払わずに、確かに借りたお金なのか、時効かどうかを確認するようにしましょう。最後に返済したときから、「5年」を経過していれば、時効の可能性があります。
その場合、「時効によって債務がなくなったので支払いはしない」と表明する「時効の援用」を行えば、債務は消滅します。
これは債権を買い取った業者に対しても、行うことができます。

ただ、時効になっているかは分かりにくい問題です。
借金の種類や、時効の起算点など、注意を要する点があります。

詳しくお伺いしたうえで、Kさんの解決に役立つ相談窓口や法制度をご案内いたしますので、まずは法テラス・サポートダイヤルTEL 0570-078374まで、お気軽にお電話ください。

4 契約弁護士・司法書士の皆様へ

〜家事事件にも書類作成援助を〜

書類作成援助は自己破産事件において多く活用されていますが、家事事件においても利用することができます。

成年後見・保佐・補助開始申立のほか、家事調停、審判等の申立書の作成も書類作成援助の対象となります。
相続放棄や、親権者変更などにも広く利用されています。


書類作成援助についてご不明の点がある場合には、お近くの法テラス地方事務所にお問い合わせください。

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。