ホーム > 最新ニュース > 掲載コラム一覧 > 産経新聞コラム > 「借金の返済期限が過ぎてから取り立てがきたら?」

「借金の返済期限が過ぎてから取り立てがきたら?」

相談人1

以前、サラ金から借金をしました。債務を全く返済していないのですが、債権者から取り立てを受けたこともなく、返済期限から10年以上たちました。そうしたところ、突然、全く知らない会社から、債権を譲り受けたということで請求書が来ました。返済しなければなりませんか。


オペレーター1

債権などの権利は一定の期間が経過すると、時効により消滅します。請求できるのに長年放置するような、権利の上に眠る者を保護する必要はないからです。通常の債権は時効期間は10年ですが、種類によって期間は異なります。サラ金業者が株式会社などの会社なら5年、個人なら10年で時効となります。

 時効期間は、債権者が権利を行使することができる時点から計算します。ご相談者の場合、最初の返済日の翌日から時効期間を計算します。契約の内容や返済状況によって時効期間の始まりの時点は異なります。

 時効期間が経過する前、業者から訴訟を起こされていたり、借金の一部を返済していたり、借金の承認書を書いたりしていた場合、その時点で時効の進行がストップします。ストップした時点から、また新たに時効期間が始まります。

 時効期間が経過すれば、自動的に債務がなくなるわけではありません。債務者が債権者に対し、時効によって債務がなくなったので支払いはしない、ということを表明する「時効の援用」を行って初めて債務が消滅します。時効の援用は、文書にして送るのがいいでしょう。書面と配達した日の記録が残るように、内容証明郵便で送ることをお勧めします。

 債権買い取り業者が債権を買い取っている場合、貸主が当初借り入れをした業者ではないため、時効の援用ができないのではないかと心配になりますが、そんなことはありません。時効の援用通知を出すことで、借金をなくすことができます。

 債務が消滅時効となっているかは分かりにくいので、詳しくは、弁護士などの専門家にご相談ください。


お役に立てましたでしょうか

法テラスコールセンター
  • 今回の問題に関してはもちろん、各種法制度をご案内。
  • 豊富な相談窓口の中からお一人お一人に最適な窓口をご紹介。
  • オペレーターが分かりやすく丁寧にお答えします。
オペレーター

0570-078374 おなやみなし 利用料0円 通話料:全国一律3分8.5円PHS・IP電話からは03-6745-5600 平日9:00〜21:00 土曜日9:00〜17:00
  • メール受付24時間受付中
  • お近くの法テラス
  • FAQ検索
  • 相談窓口情報検索

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。