ホーム > 最新ニュース > 掲載コラム一覧 > 共同通信コラム > 迷い猫 保護したら届けよう 飼い主も備えを

【共同通信】 転ばぬ先の処法箋

迷い猫 保護したら届けよう 飼い主も備えを

 3カ月前、庭に猫が迷い込んできた。首輪がついている。自宅前の電柱に「猫預かっています」の張り紙を出したけど、引き取り手は現れない。
 餌をやるうちにかわいくなり、最近は屋内で飼うように。猫もすっかりわが家に慣れてきたし、家族の一員になった。飼い主が現れても、いまさら返したくないな…。

イラスト:久保山  知里(共同通信社)

 迷子の猫は自力で飼い主の元に戻るのが難しい上に、交通事故に遭う可能性もある。ひとまず保護して、猫の飼い主の情報がないかどうかを確認したい。
 首輪などで飼い猫であるのが明らかなのに、警察に届けないまま連れて帰ると窃盗や占有離脱物横領の罪に問われる可能性がある。
 飼い猫は、首の後ろにマイクロチップが埋め込まれていることもある。日本獣医師会に連絡をすると、マイクロチップの番号から飼い主を探し出し、連絡を取ることができる。
 飼い主に連絡が取れない場合や、飼い主が分からなければ、最寄りの交番や警察、動物愛護センターに届けてほしい。飼い主側も届けていれば戻すことができそうだ。
 警察に届けると、都道府県に引き取りを求めるかどうかを聞かれる。引取りを求めると、猫は都道府県を経て保健所や動物愛護センターで保護される。動物愛護センターに届けた場合も同様の手続きがある。
 動物愛護法は、引き取った猫の殺処分をしないですむように、飼い主への返還や里親を探すよう都道府県知事の努力義務を定めている。
 猫を保護したと届けた人が都道府県に引き取りを求めず、自ら保護する選択肢もある。その場合は落とし物と同じ扱いだ。遺失物法の規定で届けてから3カ月以内に飼い主が現れないと、保護した人が飼い主になる。
 環境省告示の「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」は、猫の室内飼育を促している。迷子だけでなく、屋外での感染症り患や、ふん尿トラブルを防ぐためだ。動物愛護法は、マイクロチップの装着などを動物所有者の努力義務としている。室内で飼っていても迷い猫になることもあるので、いずれにしても迷子札やマイクロチップなどで飼い主が判別できるようにしておきたい。(監修・法テラス)

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。