ホーム > よくあるお問い合わせ > 夫婦・男女トラブル > 離婚原因 > 離婚原因のFAQ

離婚原因

裁判離婚の場合、法定離婚原因、という民法で定められた事項です。

離婚原因(法定離婚原因、裁判離婚原因)とは、何ですか?
民法で定められた、離婚の原因として認められる事項のことです。
  • 離婚訴訟においては、民法の定める離婚原因がなければ、判決で離婚が認められません。
  • 民法の定める離婚原因には、次のものがあります。
    1. 配偶者に不貞な行為があったとき
      たとえば、浮気、売春などがこれにあたります。
    2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
      たとえば、夫が生活費を負担しない場合などがこれにあたります。
    3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
      失踪宣告(7年以上行方不明であることが必要)を受ける前にも、離婚を請求できます。
    4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
    5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき
      たとえば、暴行、虐待、勤労意欲の欠如、浪費、愛情の喪失、犯罪、性格の不一致などがこれにあたります。
  • 離婚原因があっても、裁判所が「一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるとき」は、離婚が認められない場合があります。

離婚原因についてお悩みなら法テラスへご連絡ください

法テラスコールセンター
  • オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。
  • 各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します。
オペレーター

(弁護士や司法書士による個々のトラブル等に応じて法的判断を行い、解決策をアドバイスする相談とは異なりますのでご注意ください。)

0570-078374 おなやみなし 利用料0円 通話料:全国一律3分8.5円PHS・IP電話からは03-6745-5600 平日9:00?21:00 土曜日9:00?17:00
  • メール受付24時間受付中
  • お近くの法テラス
  • FAQ検索
  • 相談窓口情報検索

離婚原因以外にもこんなことで悩んでいませんか

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。