ホーム > よくあるお問い合わせ > 住環境 > 賃貸契約 > 賃貸契約のFAQ

賃貸契約

増額に納得できない場合は、供託や調停などの方法があります。

大家から、部屋の家賃の増額を請求されました。納得できないのですが、従わなくてはならないのでしょうか?
  • 納得できない場合は、従来額を支払えばよく、その受領を賃貸人が拒むのであれば、供託をするとよいでしょう。拒まれたので支払いをしないと、債務不履行により契約を解除されるおそれがあります。
  • 最終的には、裁判所が賃料を決定した後に、不足額を支払うことになります。
  • なお、不足額を支払うときには、支払時期毎に年1割の利息を付けて支払わなくてはなりません。
  • 賃料は契約の内容なので、本来は当事者の合意により定めます。しかし、一定の場合に、一当事者よりの請求により変更することが認められます。
  • 不動産の租税・その他の負担の増加、不動産の価格の上昇・その他の経済事情の変動、近傍同種建物の賃料との比較から、賃料が不相当になったのであれば、賃貸人は賃料の増額請求をすることができます。
  • この場合は、家主と賃借人との協議が必要となりますが、協議が調わない場合は、民事調停を行い(調停前置主義)、調停で合意できない場合は裁判により決定します。
  • 増額が確定するまでは、賃借人としては相当と認める額を支払えばよいのですが、増額が確定した際は、請求を受けたときからの不足分及びこれに対する年1割の利息を支払わなくてはならないとされています。

賃貸契約についてお悩みなら法テラスへご連絡ください

法テラスコールセンター
  • オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。
  • 各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します。
オペレーター

(弁護士や司法書士による個々のトラブル等に応じて法的判断を行い、解決策をアドバイスする相談とは異なりますのでご注意ください。)

0570-078374 おなやみなし 利用料0円 通話料:全国一律3分8.5円PHS・IP電話からは03-6745-5600 平日9:00?21:00 土曜日9:00?17:00
  • メール受付24時間受付中
  • お近くの法テラス
  • FAQ検索
  • 相談窓口情報検索

賃貸契約以外にもこんなことで悩んでいませんか

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。