ホーム > よくあるお問い合わせ > 住環境 > 敷金 > 敷金のFAQ

敷金

賃借人が賃借物件から退去する時に、その物件を入居前と同じ状態にする義務です。

賃借人の原状回復義務とは、どのような義務ですか?
賃借人が賃借物件から退去する時に、その物件を入居前と同じ状態にする義務です。
  • 原状回復義務については、「新品状態に戻すべき」という意味までは含まれていません。
  • 一般的には、「賃借人の居住・使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」といわれており、その費用は賃借人負担とされています。
  • 通常の経年変化や、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとして、賃借人が負担する必要はないと考えられています。

敷金についてお悩みなら法テラスへご連絡ください

法テラスコールセンター
  • オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。
  • 各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します。
オペレーター

(弁護士や司法書士による個々のトラブル等に応じて法的判断を行い、解決策をアドバイスする相談とは異なりますのでご注意ください。)

0570-078374 おなやみなし 利用料0円 通話料:全国一律3分8.5円PHS・IP電話からは03-6745-5600 平日9:00?21:00 土曜日9:00?17:00
  • メール受付24時間受付中
  • お近くの法テラス
  • FAQ検索
  • 相談窓口情報検索

敷金以外にもこんなことで悩んでいませんか

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。