ホーム > よくあるお問い合わせ > 労働 > 解雇 > 解雇のFAQ

解雇

合理的な理由のない解雇は、解雇権の濫用であり、無効と判断される場合があります。

営業成績の不振を理由に解雇されました。従わなくてはなりませんか?
営業成績が悪いこと(能力不足)を理由とする解雇については,能力不足が著しく向上の見込みが無いこと及び使用者側が充分に解雇を回避する措置をとったことが要件となり,これを欠いている場合には,違法な解雇となります。
  • 解雇は労働者の生活に大きな影響を及ぼすため,客観的に合理的な理由を欠き社会通念上相当と認められない場合は,解雇は権利の濫用として無効になるという「解雇権濫用法理」により,制限されます。
  • 就業規則には,解雇の事由を規定することとなっていますので,まずは,この解雇事由に該当するか否かを判断しなくてはなりません。
  • 能力不足については,雇用の継続をしがたいほどに能力が不足していたとしても,解雇を避けるために配置転換・指導・研修などにより能力や適格性の向上を図っても目的が達せられなかったということが必要です。できる限り解雇を避ける努力をしていなければ,その解雇は権利の濫用とされます。
  • 一定の能力を有していることを前提に,管理職や特定のポストのために採用された中途採用者の場合にも,上記の要件は判断されますが,その程度は緩やかに判断されることになります。
  • 詳しくは,各都道府県労働局が設ける「総合労働相談コーナー」などで相談するとよいでしょう。

解雇についてお悩みなら法テラスへご連絡ください

法テラスコールセンター
  • オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。
  • 各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します。
オペレーター

(弁護士や司法書士による個々のトラブル等に応じて法的判断を行い、解決策をアドバイスする相談とは異なりますのでご注意ください。)

0570-078374 おなやみなし 利用料0円 通話料:全国一律3分8.5円PHS・IP電話からは03-6745-5600 平日9:00?21:00 土曜日9:00?17:00
  • メール受付24時間受付中
  • お近くの法テラス
  • FAQ検索
  • 相談窓口情報検索

解雇以外にもこんなことで悩んでいませんか

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。