ホーム > よくあるお問い合わせ > 借金 > グレーゾーン > グレーゾーンのFAQ

グレーゾーン

利息制限法の上限金利20%と、出資法の29.2%との間の金利を指します。

グレーゾーン金利とは、何ですか?
  • グレーゾーン金利とは、平成22年6月17日以前において、利息制限法が定める金利(貸付け額に応じて15〜20%)を超える無効な金利であるにもかかわらず、出資法で罰則を定めている金利(29.2%)未満であることから、罰せられることのない高金利のことをいいました。
  • しかし、グレーゾーン金利は、平成22年6月18日に出資法の上限金利が利息制限法の水準の20.0%に引き下げられたことにより廃止されました。また、貸金業法改正により、利息制限法の上限金利を超える金利は、貸金業法による行政処分の対象となりました。
  • 上限金利は利息制限法と出資法の2つの法律で規制されています。
  • 利息制限法は、貸金の上限利率を元金額に応じそれぞれ年率15%・18%・20%と定め、これを超えた利息の「民事上の効力」を無効と規定しています。
  • 出資法は、貸金の上限利率を貸金について業として行う者は年率20.0%(平成22年6月17日以前は年29.2%)と定め、「刑事上の効力」として、これを超えた利息の契約締結・要求・受領に刑罰を課すことを規定しています。
  • 以上のとおり、民事上は無効ですが、刑罰が課されない利率の幅があり、この幅の中に入る金利がグレーゾーン金利と呼ばれていました。
  • グレーゾーン金利については、平成22年6月17日以前には、貸金業法に規定される一定の厳格な要件を充足した場合には、本来無効な利息を有効とみなすという規定(みなし弁済規定)が設けられており、利息制限法以上の金利で営業を行う貸金業者の主張の根拠とされていました。
  • しかし、みなし弁済規定の適用については、最高裁判所は貸金業者に対して厳しい判断を示し、事実上ほとんどの場合、適用が認められないことになりました。その上、平成22年6月18日の利息制限法と貸金業法改正により、みなし弁済規定そのものが廃止されました。

グレーゾーンについてお悩みなら法テラスへご連絡ください

法テラスコールセンター
  • オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。
  • 各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します。
オペレーター

(弁護士や司法書士による個々のトラブル等に応じて法的判断を行い、解決策をアドバイスする相談とは異なりますのでご注意ください。)

0570-078374 おなやみなし 利用料0円 通話料:全国一律3分8.5円PHS・IP電話からは03-6745-5600 平日9:00?21:00 土曜日9:00?17:00
  • メール受付24時間受付中
  • お近くの法テラス
  • FAQ検索
  • 相談窓口情報検索

グレーゾーン以外にもこんなことで悩んでいませんか

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。