ホーム > お近くの法テラス(地方事務所一覧)  > 法テラス東京 > お知らせのバックナンバー > 5月15日、なかの社会福祉士会において「福祉と司法が連携する社会を目指して〜司法ソーシャルワークの実践〜」と題する講演を行いました。

お知らせ(2015年5月27日)

5月15日、なかの社会福祉士会において「福祉と司法が連携する社会を目指して〜司法ソーシャルワークの実践〜」と題する講演を行いました。

 平成27年(2015年)5月15日(金)、なかの社会福祉士会において、社会福祉士の方々に「福祉と司法が連携する社会を目指して 〜司法ソーシャルワークの実践〜」と題する講演を行いました。
 その中で法テラス東京法律事務所の村山勇輔常勤弁護士が福祉事務所等の関係機関と法テラスの連携事例を紹介しました。さらに、民事法律扶助制度について説明し、法テラス東京が実施している「司法ソーシャルワーク」や「ホットライン」についても紹介しました。
 「司法ソーシャルワーク」を実践するにあたっては、福祉に携わる方々と司法に携わる者との連携が重要であることや、司法アクセス障害を解消することの必要性について、村山常勤弁護士が経験談を交えてお話ししました。
 参加した社会福祉士の皆様からは様々な質問が寄せられ、村山常勤弁護士より具体的な説明やアドバイスがなされました。また、講演終了後に個別に相談をしにきた方もいらっしゃいました。
 この講演会をきっかけとして、福祉と司法が密接に連携する社会を実現できればと思います。
 法テラス東京では、各種講演会・研修会等への講師派遣を行っています。ご希望のある方は法テラス東京総務課までお申込みください。

このページに関するアンケート

Q1:このページの情報は役に立ちましたか?

Q2:このページの情報は見つけやすかったですか?

Q3:ご意見があればお聞かせください。

[お願い]
寄せられた個別のご質問等についてはお答えいたしかねます。従って、個人情報は入力しないでください。