このページの先頭です サイトメニューここから
このページの本文へ移動

法テラスは、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所です。

法的トラブルでお困りの方 法テラス・サポートダイヤル 電話番号:0570-078374 平日9時から21時 土曜9時から17時
メールでのお問い合わせ 24時間受付中

詳細

質問
離婚する場合、子供の親権はどうなるのですか?
答え
(回答)
離婚の場合、未成年の子供の親権者はどちらか一方に定めなければなりません。

(説明)
子供が未成年であれば、以下のようにして親権者を定めます。
(1)協議離婚の場合
協議により父母のいずれか一方を親権者として定め、離婚届の提出を行います。親権者を決めることができなければ、協議離婚もできません。
(2)調停離婚の場合
調停離婚に際し、親権者を定めます。離婚に際しては親権者を定めることが必要ですので、親権者についての調停が成立しなければ、通常、調停は不成立となり終了します。ただし、親権者の指定以外の点につき、当事者間に合意が成立している場合など、裁判所が「調停に代わる審判」により親権者を定めることもあります。
(3)裁判離婚の場合
離婚判決の中で、親権者を定めます。 ・裁判所は、離婚訴訟につき親権者指定の裁判をする場合、子が15歳以上のときは、親権について子の意見を聴く必要があります。

ページの先頭へ