このページの先頭です サイトメニューここから
このページの本文へ移動

法テラスは、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所です。

法的トラブルでお困りの方 法テラス・サポートダイヤル 電話番号:0570-078374 平日9時から21時 土曜9時から17時
メールでのお問い合わせ 24時間受付中

詳細

質問
保証人と連帯保証人は、どこが違うのですか?
答え
(回答)
連帯保証人と保証人には、大きく分けて2つの相違点((1) 補充性の有無、(2) 分別の利益の有無)があります。なお、民法改正の施行日(令和2年(2020年)4月1日)前に保証契約が締結された場合は、(3) 請求の効果も異なります。

(説明)
(1) 補充性について
・保証人には、補充性(保証人は、主たる債務者が返済しない場合に、はじめて返済する責任を負うこと)が認められていますので、債権者に対して、先に主債務者に催告するよう請求することができます(催告の抗弁権)。
また、主債務者に弁済の資力があり、執行の容易なことを証明することにより、債権者からの請求を拒むことができます(検索の抗弁権)。
・連帯保証人には、このような権利が認められていません。そのため、債権者は、主債務者に対して請求することなく、いきなり連帯保証人に対して請求し、連帯保証人の財産から回収を図ることができます。
(2) 分別(読み方は「ぶんべつ」)の利益について
・複数の保証人がいる場合、各自が負担する債務の額は、保証人の数に応じて分割されます(分別の利益)。
・連帯保証人の場合には、複数の連帯保証人がいる場合でも分別の利益はなく、全員が全額弁済の責任を負います。
(3) 請求の効果について
・債権者が、保証人に対して請求をしても、その効果は主債務者に及ぶことはなく、例えば時効が中断されることはありません。
・【民法改正の施行日(令和2年(2020年)4月1日)前に保証契約が締結された場合】連帯保証人の場合は、債権者が連帯保証人に請求をすると、その効果は主債務者にも及び、主債務の時効も中断されます。
・【民法改正の施行日(令和2年(2020年)4月1日)以降に保証契約が締結された場合】連帯保証人の場合も、保証人の場合と同じく、債権者が、連帯保証人に対して請求をしても、その効果は主債務者に及ぶことはなく、例えば時効が中断されることはありません。

ページの先頭へ