このページの先頭です サイトメニューここから
このページの本文へ移動

法テラスは、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所です。

法的トラブルでお困りの方 法テラス・サポートダイヤル 電話番号:0570-078374 平日9時から21時 土曜9時から17時
メールでのお問い合わせ 24時間受付中

詳細

質問
借金や利息は、何年で時効によって消滅しますか?
答え
(回答) ・消費者金融や銀行等、会社からの借金やその利息は、5年で時効消滅します。 ・個人や、会社組織でない信用金庫等からの借金やその利息は、10年で時効消滅します。(ただし、この場合でも、借り手が商人のときは時効期間が5年になります。) (説明) ・時効期間が経過しても、自動的に借金(債務)が消滅するわけではありません。債務を消滅させるためには、時効期間が経過した後に、債務者が消滅時効を援用(一定の事実を自分の利益のために主張すること)する意思表示をすることが必要です。時効を援用すると、債務は時効期間の起算日に消滅したことになります。 ・時効期間は、支払期日から起算しますが、時効期間が経過する前に、一部でも借金を支払った場合、調停や訴訟等裁判所の手続を通じて請求された場合、差押えや仮差押えを受けた場合などには、時効は中断します。 ・時効が中断すると、既に進行した期間はゼロに戻り、その中断事由が終了した時点から時効期間が再び進行します。その後、中断することなく時効期間が再度経過すれば、あらためて時効が完成します。 ・古い借金があるなどとして返済を求められ、消滅時効期間が経過していないか確認したい場合は、借金の存在を認めたり一部でも支払ったりする前に、債権者に過去の取引履歴の開示を求めるとよいでしょう。 ・商人とは、自己の名をもって商行為をすることを業とする者をいいます。会社(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社)が、事業としてする行為や、事業のためにする行為は商行為とされますので、会社は典型的な商人です。また、自然人であっても、商行為を行うときは商人となります。

ページの先頭へ