このページの先頭です サイトメニューここから
このページの本文へ移動

法テラスは、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所です。

法的トラブルでお困りの方 法テラス・サポートダイヤル 電話番号:0570-078374 平日9時から21時 土曜9時から17時
メールでのお問い合わせ 24時間受付中

詳細

質問
売掛金を回収するには、どのような方法がありますか?
答え
【改正前】
(回答)
・売掛金の性質や相手方の資産状況、営業状況等によって、回収方法や回収の進め方は様々です。
・法的手続によらない回収方法としては、一般的には、相手との交渉や内容証明郵便による督促等があります。
・法的手続による回収方法としては、一般的には、支払督促、少額訴訟、簡易裁判所の民事調停・民事訴訟、地方裁判所への民事訴訟等があります。

(説明)
・売掛金も、その性質によって消滅時効期間が短い場合があったり、相手方の資産状況や営業状況によって仮差押えをする場合もあったりするなど、回収方法や回収の進め方は様々です。
・法的手続によらない回収方法については、交渉の進め方や内容証明郵便の文面は様々です。
・法的手続による回収方法については、それぞれ一長一短あり、その選択も様々です。詳しくは、弁護士や司法書士等の専門家に相談するとよいでしょう。

【民法などの改正(令和2年(2020年)4月1日施行)に伴う経過措置】
・改正後の民法の施行日前に債権が生じた場合には、その消滅時効の期間については、改正前の民法が適用されます。
・改正後の商法の施行日前にされた商行為によって債権が生じた場合には、その消滅時効の期間については、改正前の商法が適用されます。

【改正のポイント】
・債権の消滅時効の期間について、改正前は、債権者が「権利を行使することができる時」から「10年」を原則としたうえで、債権者の職業などに応じた短期消滅時効の制度が設けられていましたが、改正後は、短期消滅時効の制度が廃止され、「権利を行使することができる時」から「10 年」または債権者が「権利を行使することができることを知った時」から「5年」を経過すれば、消滅時効が成立することになりました。
・商行為によって生じた債権(例えば、商人の売掛金債権)の消滅時効(商事消滅時効)については、時効期間が原則として「5年」とされていましたが、改正により、商事消滅時効は廃止され、民法の規定が適用されることになりました。

【改正後】
(回答)
・相手方の資産状況、営業状況等によって、回収方法や回収の進め方は様々です。
・法的手続によらない回収方法としては、一般的には、相手方との交渉や内容証明郵便による督促等があります。
・法的手続による回収方法としては、一般的には、支払督促、少額訴訟、簡易裁判所の民事調停・民事訴訟、地方裁判所への民事訴訟等があります。

(説明)
・売掛金といっても、相手方の資産状況や営業状況によって仮差押えを必要とする場合もあるなど、回収方法や回収の進め方は様々です。
・法的手続によらない回収方法については、交渉の進め方や内容証明郵便の文面は様々です。
・法的手続による回収方法については、それぞれ一長一短あり、その選択も様々です。
・詳しくは、弁護士や司法書士等の専門家に相談するとよいでしょう。

ページの先頭へ