このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索
本文ここから

所長・副所長 就任のご挨拶

更新日:2021年5月21日


令和3年4月、法テラス旭川地方事務所の所長に就任いたしました竹本康志です。
法テラスは資力に余裕がない方にも弁護士や司法書士の援助を受けられるようにするための制度であり、憲法で保障されている裁判を受ける権利を実質化するという重要な意義があります。
資力要件に該当する方の法律相談につきましては、同じ案件につき、3回まで無料であり、法テラスが相談料を援助しています。
旭川管内でも月200件前後の法律相談援助があります。また、旭川管内における債務整理、離婚、損害賠償請求、相続等各種事件の援助件数は月100件前後となっており、広範囲にわたって法テラスが利用されています。
法テラスは平成18(2006)年4月10日に総合法律支援法に基づいて設立され、今年で創立15周年を迎えましたが、発展途上の制度であり、未だ市民に充分に周知されていないという問題がありますし、運用や制度についても改善すべき点があります。
これらの問題点を認識しつつ、所長としての職責を果たしたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

日本司法支援センター旭川地方事務所
 所長 竹本 康志


                                                                                                          

本年4月、法テラス旭川副所長に就任いたしました池田めぐみです。主に民事法律扶助の担当です。
私は、これまでに、弁護士として、法律扶助案件等法テラスを利用する立場で関わってきました。今後は、利用される側の立場として、市民にも受任する法律専門職にも、よりよい制度や運用となるように、数多くの法テラス利用案件で経験したことやあり方に対する考えを生かし、取り組みたいと思っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

日本司法支援センター旭川地方事務所
 副所長 池田 めぐみ


サブナビゲーションここから

お知らせ一覧


以下フッタです
ページの先頭へ