このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索
本文ここから

法テラス東京法律事務所だより 2017年11月号

更新日:2017年11月15日

四ツ谷のげんばから

安心して暮らすために。

地域包括支援センターの職員さんは困っています。

  • Aさんは一人暮らしの70代の女性です。
  • ある日,職員さんはAさんの自宅で,今までなかった高額の浄水器を見つけました。
  • Aさんにどうしたのかと聞くと,自宅を訪ねてきた水道屋さんに,「水道管に問題があり,このまま水を飲み続けていると病気になってしまう。でも浄水器をつければ健康でいられる。」と言われて,心配になり買ってしまったというのです。
  • Aさんはよく考えると浄水器代をこの後も支払っていけるか心配だ,契約をなかったことにできないものかと言っています。

 どうしたものかと思い,職員さんがホットラインへ電話してみると,一般的に訪問販売では,クーリングオフを利用したり,契約内容や契約状況によっては,無効・取消しを主張したりして,契約関係を解消し,支払ったお金を取り戻せる可能性があると言われました。
 また,今後また同じようなことが起きないようにすべく,Aさんの判断能力の低下の度合い次第では成年後見制度の利用を考えてもいいかもしれないと聞きました。

 その後,ご本人から出張法律相談のご要望があり,利用条件を満たしていたため,職員さんは弁護士と一緒にAさんの自宅へ行きました。弁護士がAさんから契約書を見せてもらいながら,契約内容や契約状況を伺ったところ,水道業者を語る詐欺である可能性が高く,実際には浄水器は必要ないのではないかとのことでした。弁護士の助言により,クーリングオフを利用して浄水器の購入契約を解除することで,A さんは,浄水器代を支払わなくてよくなりました。
 Aさんは少し元気を取り戻しました。再び消費者被害に遭わないために,Aさんは職員さんと一緒に,近々かかりつけ医のもとへも行く予定です。

※ このお話は実例を参考にしたフィクションです。

ホットラインご利用のご案内

当事務所では,常勤弁護士が福祉・医療関係のお仕事をされている方々に※1電話情報提供サービスを行っています。ご本人を支援する業務のなかでお悩みのこと※2がございましたら,ぜひご利用ください(ご担当ケースにおけるご本人のお名前等をお話しいただく必要はございませんので,まずはお気軽にお問い合わせください。)。


ご利用時間帯

平日10時~17時

お問合せ先電話番号

電話:050-3383-0202

よくあるお問合せ

成年後見制度,相続・遺言,債務整理,生活困窮,離婚,賃貸借トラブル,消費者被害,法テラス利用方法など ※3

※1支援を受けておられるご本人からの直接のお電話には対応できません。ご本人からの直接のご相談につきましては,法テラス地方事務所にてご予約を承ります。お近くの法テラス地方事務所をお探しの場合はhttp://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/index.htmlをご参照ください。

※2最終的にはご本人(被支援者様)のために,そのお悩みについて解決の道筋をつけることが目的です。支援者様や支援者様が所属する機関・団体の法務につきましては対応できませんので,予めご了承ください。

※3ここに掲げたもの以外のお悩みでも,ご遠慮なくお問い合わせください。

サブナビゲーションここから

法テラス東京法律事務所法律事務所だより


以下フッタです
ページの先頭へ