このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索
本文ここから

法テラス東京法律事務所だより 2018年4月号

更新日:2018年4月9日

四ツ谷のげんばから

俺、死んだことにされちゃってるんだけど

福祉事務所のケースワーカーさんからホットラインにお電話をいただきました。

  • Aさんは、15年間ほど路上で生活をしてこられました。
  • このたび、Aさんは、激しい頭痛にみまわれ、うずくまっていたところを緊急搬送されました。そして、そのまま手術を受けるとともに、入院することになりました。
  • 病院から福祉事務所につながり、生活保護も受給開始となりました。しかし、区役所が手続きを進める中で、ご本人に失踪宣告がなされていて、戸籍上、死亡したこととされていたのがわかりました。Aさんはもう少しで退院できる見込みなのですが、住民票すら設定できず、本人確認書類なども作れません。なので、アパートを借りることもできず、困っています。

 入院中の方が弁護士に法律相談をしたいときなどのために、法テラスでは無料出張相談制度を設けています。利用の条件は、ご本人が障がいや疾病など外出できない事情があること、収入・資産が一定以下であること等です。(利用条件の細かい点などは、ホットラインでお気軽にご相談ください。)
 Aさん自身が弁護士への相談を希望されたため、弁護士による出張相談を利用していただきました。
 Aさんは、失踪宣告を取り消すための手続きを弁護士に依頼し、入院したままでこの手続きを進めていきました。家庭裁判所での手続きもスムーズに進み、2か月ほどで失踪宣告が取り消されました。戸籍や住民票も設定できるようになったため、Aさんは、アパートを借りたり、携帯電話の契約をしたりもできるようになりました。
 現在、Aさんは無事に退院され、地域で穏やかに生活されています。

※ このお話は実例を参考にしたフィクションです。

ホットラインご利用のご案内

当事務所では、常勤弁護士が福祉・医療関係のお仕事をされている方々に※1電話情報提供サービスを行っています。ご本人を支援する業務のなかでお悩みのこと※2がございましたら、ぜひご利用ください(ご担当ケースにおけるご本人のお名前等をお話しいただく必要はございませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。)。


ご利用時間帯 平日10時~17時

お問合せ先電話番号 電話:050-3383-0202

よくあるお問合せ 成年後見制度、相続・遺言、債務整理、生活困窮、離婚、賃貸借トラブル、消費者被害、法テラス利用方法など※3

※1支援を受けておられるご本人からの直接のお電話には対応できません。ご本人からの直接のご相談につきましては、法テラス地方事務所にてご予約を承ります。お近くの法テラス地方事務所をお探しの場合はhttp://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/index.htmlをご参照ください。

※2最終的にはご本人(被支援者様)のために、そのお悩みについて解決の道筋をつけることが目的です。支援者様や支援者様が所属する機関・団体の法務につきましては対応できませんので、予めご了承ください。

※3ここに掲げたもの以外のお悩みでも、ご遠慮なくお問い合わせください。

サブナビゲーションここから

法テラス東京法律事務所法律事務所だより


以下フッタです
ページの先頭へ