このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索
本文ここから

法テラス和歌山からのメッセージ

更新日:2016年4月29日

ひとりで悩まず、まずは法テラスへ

日本司法支援センター和歌山地方事務所


 社会生活を営む上において、心配事やトラブルを抱えたことがない人はほとんどないのではないでしょうか。予期せぬ紛争に巻き込まれることは普通にあります。たとえば、交通事故は、自分がいくら注意していても被害者になることがあります。また、残業代が支払われなかったり、正当な理由がないのに解雇されたりすることもないことはありません。病気や怪我などで生活費が不足したため借金し、その借金の返済に苦慮する方もありますし、離婚事件や遺産相続を巡る紛争などは増加傾向にあります。さらに、財産管理能力のなくなった親の財産を適切に管理するために成年後見制度の利用が増えており、遺言書を作成される方も増えています。
 心配事やトラブルがあっても、誰に相談したらいいのかわからないとか、どのような解決方法があるのかわからない、という方は相当程度あるのではないでしょうか。もし、資力に乏しいため、そのような解決の道が閉ざされてしまうことになれば、法の支配する公正・公平な社会とはいえません。法テラスは、そのような皆様方を可能な限り手助けし、法に照らして適正妥当な解決がなされるための制度を設けています。抱えている心配事やトラブルが、「法的トラブル」か否かという判断自体が難しいかもしれませんが、気にせず、1人で悩まずにお気軽に法テラスまでお問い合わせください。
 法テラスは、情報提供、民事法律扶助(法律相談、代理援助・書類作成援助)という制度をもうけています。

1 情報提供

 情報提供担当職員(消費生活アドバイザー、元裁判所職員等)がお悩みの内容をおうかがいし、解決のきっかけとなる関係機関の窓口案内や裁判所での手続等についてご案内しています。この情報提供は無料であり、誰でもご利用いただけます。利用方法ですが、法テラス和歌山への来所や電話(電話:050-3383-5457)で受け付けております(このほかに法テラスサポートダイヤルとして、法的トラブルでお困りの方は0570-078374(おなやみなし)、犯罪被害にあわれた方は0570-079714(なくことないよ)もご利用いただけます)。
 弁護士・司法書士による法律相談が必要な方で、経済的にお困りの場合には、次に述べる法テラスの民事法律扶助制度の利用による「無料法律相談」をご案内いたしております。

2 民事法律扶助制度の提供

(1) 法律相談

 法テラス和歌山の事務所において契約弁護士・司法書士による面談の相談をしています。働く利用者の皆様などのために夜間法律相談も随時実施しています。これらは事前予約制であり、ご予約は、法テラス和歌山(電話:050-3383-5457)で受け付けております。
 また、契約弁護士・司法書士の事務所での相談もできます。契約弁護士・司法書士の名簿については法テラス和歌山のホームページに掲載しておりますし、法テラス和歌山に事務所相談の申込みをいただければ相談担当弁護士等を案内しています。
 さらに、高齢者(65歳以上)や障害者の方で、既設の相談所への相談が困難など所定の要件を満たす方にはご自宅や入居施設等への出張相談も行っています。
 これらの法律相談は、収入・資産の少ない方が対象であり、無料です。詳しくは法テラス和歌山までお問い合わせ下さい。

(2) 代理援助・書類作成援助

 契約弁護士・司法書士に裁判等の代理、書類の作成を依頼する場合に、費用の立替え(代理援助・書類作成援助)を行っています。利用できるのは、収入・資産の少ない方が対象です。立替ですので、分割償還が原則ですが、生活保護受給者等の場合は、償還が猶予・免除されることがあります。詳しくは法テラス和歌山までお問い合わせ下さい。

(2016年4月28日)

以下フッタです
ページの先頭へ