このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索

  1. トップページ
  2. 犯罪の被害にあわれた方へ
  3. 被害・手続の内容で探す
  4. 刑事手続き・民事裁判等で探す
  5. 公判
  6. 被害者の方は、刑事裁判で、直接、裁判官に対して、被害に関する心情や意見などを伝えることができます。
本文ここから

被害者の方は、刑事裁判で、直接、裁判官に対して、被害に関する心情や意見などを伝えることができます。

更新日:2018年6月28日

被害者等が、刑事裁判で意見を述べることができますか?

意見陳述という制度により、被害者等は、刑事裁判で、書面や口頭で被害に関する心情その他の意見を陳述することができます。

  • 意見陳述の方法には、裁判所に出廷して口頭で行う方法と、出廷はしないで書面を提出する方法があります。
  • 意見陳述を希望する場合は、その旨を検察官に申し出る必要があります。
  • 意見陳述においては、遮へい措置等、意見を陳述する人の精神的負担を軽減するための措置も可能です。

公判について知りたいことがあれば法テラスへご連絡ください

法テラス・サポートダイヤル

  • 刑事手続の流れや、各種支援制度をご紹介。
  • 豊富な相談窓口の中からお一人お一人に最適な窓口をご案内。
  • 犯罪被害者支援の経験や理解のある弁護士をご紹介。
  • 専門のオペレーターが分かりやすく丁寧にお答えします。

犯罪被害者支援ダイヤル 0570-079714 なくことないよ

  • 利用料0円
  • 通話料:全国一律3分8.5円
  • PHS・IP電話からは 電話:03-6745-5601
  • 平日9時~21時 土曜日9時~17時

メール受付24時間受付中 お近くの法テラス FAQ検索 相談窓口情報検索

その他のお問い合わせ

以下フッタです
ページの先頭へ