このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索
本文ここから

理事長あいさつ

更新日:2021年4月10日

rijichou

 日本司法支援センター、通称法テラスは、すべての人々が法による紛争の解決に必要な情報やサービスの提供を受けることができる社会の実現を目指して、平成18年4月10日に国により設立され、この4月10日で15周年を迎えました。この間、情報提供、民事法律扶助、国選弁護等関連、司法過疎対策及び犯罪被害者支援を主要な業務の柱として、幅広く国民の皆様と司法との架け橋となるよう、取り組んでまいりました。多くの方々のご支援・ご協力に深く感謝申し上げます。

 社会の大きな変化や国民の直面する問題の多様化とともに、法テラスの役割は年を追うごとに大きくなってきています。特に、超高齢社会の進展、貧困・格差問題の拡大、大規模災害の頻発、在留外国人の増加等により、司法アクセスへのニーズがさらに増大・多様化してきており、高齢者、障がい者、被災者、外国人など、様々な方々の状況に即した支援の充実に努めているところです。地方自治体や福祉機関など様々な関係者との連携により、自ら司法アクセスすることが難しい方々の抱える問題の総合的解決を目指す「司法ソーシャルワーク」の取組も推進しています。

 そして現在、猛威をふるう新型コロナウイルス感染症の影響により、国民の皆様が様々な困難や深刻な問題に直面しており、その問題解決のための法的支援ニーズに的確に応えていくことが求められています。法テラスにおいては、昨年5月からは面談による法律相談に加え、電話・テレビ電話による法律相談をご利用いただけるようにいたしました。また、法テラス・サポートダイヤルや地方事務所へのお問い合わせ対応に加え、ホームページに特設ページを設けるなど情報提供の充実にも努めています。一層多くの方々に必要なサービスを利用していただき、問題解決を図ることができるよう、取組を進めていきたいと思っております。

 今後とも、皆様にとって身近で頼りになる法テラスであるよう、努めてまいりたいと思います。一層のご理解とご支援、そしてご活用をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

令和3年4月10日
日本司法支援センター
理事長 板東 久美子

板東 久美子(ばんどう くみこ)理事長プロフィール

経歴

昭和52年3月 東京大学法学部卒

昭和52年4月 文部省入省

平成10年4月 秋田県副知事

平成18年7月 内閣府男女共同参画局長

平成21年7月 文部科学省生涯学習政策局長

平成24年1月 文部科学省高等教育局長

平成25年7月 文部科学審議官

平成26年8月 消費者庁長官

平成29年10月 日本司法支援センター理事(非常勤)

以下フッタです
ページの先頭へ