このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索

  1. トップページ
  2. 相談をご希望の方へ
  3. 法テラス・サポートダイヤル
本文ここから

法テラス・サポートダイヤル

サポートダイヤルに寄せられているお問合せをご紹介します

携帯電話契約に関する問合せ

友人から携帯電話を売ったらお金が入ってくるという儲け話を持ち掛けられ、自分の名義で6台契約し、友人に渡した。料金を支払う必要はなく、むしろお金が入ってくるということだったが、その後、友人と連絡が取れず、携帯料金の支払いだけ残っている。

コメント

他人への携帯電話やPHSの譲渡は、携帯電話会社所定の名義変更の手続を行わない限り、認められていません。
渡してしまった携帯電話は犯罪行為に利用される可能性もあります。携帯電話をだまし取られてしまったら、早急に携帯電話会社で利用停止等の措置を取り、警察等に相談してください。
自分で使うつもりがなく購入代金や利用料金を支払うつもりもないのに携帯電話を契約した場合、携帯電話販売店に対する詐欺罪が成立する可能性もありますので、まずは、今後どのような対応が必要か、弁護士等の専門家に早急に相談しましょう。
お金儲けができるといった勧誘や融資の条件として必要などと申し向けて、携帯電話の契約をさせて携帯電話をだまし取ろうとする詐欺もありますので、注意しましょう。

免許返納に関する問合せ

高齢の父が車を運転しており、いろいろと心配している。父も最近のニュースを見て考えているようだが、運転をやめるつもりはなさそうだ。このような場合、家族が強制的に免許を返納させることはできないのでしょうか。

コメント

運転免許の自主返納制度は、加齢に伴う身体機能や判断力の低下などにより、運転への不安を感じている方などが、自主的に運転免許を返納する制度です。この制度は、交通事故の防止を目的とするものであり、あくまで運転者の自主的な意思に基づく制度です。高齢者に免許の返納を義務付けるものではないため、高齢者の親に自主返納を強制することはできません。
なお、自主返納を行った場合、申請によって「運転経歴証明書」の交付を受けることができます。これは運転免許を返納した日からさかのぼって5年間の運転に関する経歴を証明するもので、公的な身分証明書として一生涯利用することができます。また、65歳以上の方は、証明書を提示することで、路線バスやタクシーの運賃割引を受けられたり、各民間・公共施設において割引等のサービスが受けられたりする場合があります。詳しくは、各地の運転免許センターや各警察署にお問い合わせください。

以前に掲載したお問い合わせはこちら

利用概要

法的トラブルに巻き込まれてお困りの時は、迷わず法テラスにお電話ください。また、法的トラブルかどうかわからない方も、お気軽にお問い合わせください。
法テラスの専門オペレーターが、お問い合わせ内容に応じて、法制度や相談機関・団体等を紹介します。

法的トラブルでお困りの方は

電話 0570-078374 おなやみなし

電話:0570-078374(PHS可)
 (IP電話からは電話:03-6745-5600)
法的トラブルでお悩みの方のお問い合わせに対し、適切な法制度、関係機関(法律相談・公的機関窓口等)の紹介をしています。
詳しい流れは法テラスの利用の流れでご確認ください。


犯罪被害にあわれた方は

犯罪被害者支援ダイヤル 0570-079714 なくことないよ

電話:0570-079714(PHS可)
 (IP電話からは電話:03-6745-5601)
犯罪被害者支援を行なっている機関・団体との連携のもと、各地の相談窓口の情報を収集し、「その方が必要とされている支援」を行っている窓口をご案内します。
また、被害にあわれた方やご家族の方などが、その被害に係る刑事手続に適切に関与したり、お受けになった損害・苦痛の回復・軽減を図るための法制度に関する情報を提供します。
さらに、弁護士による法律相談等の支援を必要とされる場合には、個々の状況に応じて、弁護士をご紹介しています。
詳しい流れは法テラス犯罪被害者支援の利用の流れでご確認ください。


受付日時

平日の9時~21時、土曜日の9時から17時
(祝日・年末年始を除く)

料金

利用料

0円

通話料

電話:0570-078374または電話:0570-079714にかけた場合(ナビダイヤル)
固定電話からは、全国一律3分8.5円(税別)
携帯電話からは、20秒10円程度(税別)
公衆電話からは、全国一律1分10円

電話:03-6745-5600または電話:03-6745-5601にかけた場合
IP電話からは、3分約8.4円(税別)



注意点

オペレーターは個別の法律相談や法的判断を行うことはできません。法テラス・サポートダイヤルでは制度や手続きをご紹介し、個別法律相談を望まれる場合は最適な法律相談窓口をご案内しております。

相談の秘密は厳守いたします。

個人情報については適切に管理いたします。

通話内容は、応対品質向上を目的として録音しております。

折り返しのお電話はしておりません。

オペレーターの指定はできません。以前、お電話いただいた方からも再度事案の聞き取りをさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

法テラス・サポートダイヤルの混雑状況については、以下のPDFをご覧ください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。法テラス・サポートダイヤル混雑状況(PDF:61KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

以下フッタです
ページの先頭へ