このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索

  1. トップページ
  2. 災害等関連情報
  3. 災害関連Q&A
  4. 東日本大震災Q&A
  5. 土地・建物関係
  6. その他
  7. 市役所から、私の家の損壊状況について調べるために訪問するとの連絡がありました。市役所がそのよう調査をすることはありますか。また何のために家の損壊状態を調べるのですか。
本文ここから

市役所から、私の家の損壊状況について調べるために訪問するとの連絡がありました。市役所がそのよう調査をすることはありますか。また何のために家の損壊状態を調べるのですか。

更新日:2018年6月28日

市役所が住宅の損壊状態の調査をすることはあります。
その目的としては、「応急危険度判定」のためのもの、または「り災証明のための調査」が考えられます。
ただし、市役所の調査をかたる詐欺等もありますので、注意しましょう。

  • 「応急危険度判定」とは、被災した建築物は、余震等で倒壊したり、建物の一部が落下・転倒する二次災害が発生したりするおそれがあることから、専門家(応急危険度判定員)により倒壊等の危険性と使用の可否を早期に判定し、周知するための制度です。
  • 「り災証明」とは、震災により家屋が損壊した場合に、市町村長がその程度を判定し証明するものです。
    保険の請求や税の減免などの手続に必要とされます。
    大規模災害が発生した場合に行われる各種救援措置も、このり災判定に基づいて実施されます。
  • 震災後、点検や調査と称して訪問し、不必要な工事や不当に高額な工事をさせるリフォーム詐欺が発生することがあります。何のための調査かわからないときや、不審な点がある場合は市町村に確認するなどするとよいでしょう。

法テラス災害ダイヤル

  • オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。
  • 各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します。

(弁護士や司法書士による個々のトラブル等に応じて法的判断を行い、解決策をアドバイスする相談とは異なりますのでご注意ください。)

※災害関連専用となりますので、ご留意ください。

電話 0120-078309(おなやみレスキュー)

  • 通話料・利用料ともに無料
  • PHS・IP電話からもつながります
  • 平日 9時~21時 土曜 9時~17時

メール受付24時間受付中 お近くの法テラス 相談窓口情報検索

サブナビゲーションここから

以下フッタです
ページの先頭へ