このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索

  1. トップページ
  2. 相談をご希望の方へ
  3. 法テラス・サポートダイヤル
本文ここから

法テラス・サポートダイヤル

サポートダイヤルに寄せられているお問合せをご紹介します

賃貸住宅の立退きに関する問合せ

住んでいるアパートの賃貸借契約期間が残っているが、物件の施工不良により退去を要請されている。このような場合、必ず転居しなければならないか。転居するとしたら、何か請求できるものはないか。

コメント

賃貸借契約の期間内であれば、原則、立ち退かなければいけないということはありません。
しかし、賃貸人による賃貸借契約の解約の申入れに正当な事由があると認められる場合には、立ち退かなければなりません。
解約の申入れが認められるには、建物の賃貸人及び賃借人それぞれが建物の使用を必要とする事情のほか、建物の賃貸借に関するこれまでの経過、建物の利用状況や現況、賃貸人が申し出た立ち退き料等を考慮して、正当の事由があると認められることが必要となります。賃借人は、転居に必要となる費用を立ち退き料として支払ってもらえないか、賃貸人と協議することになるかと思います。
解約の申入れが認められるかについては、個別の事情によって異なりますので、弁護士に相談することをおすすめいたします。

架空請求に関する問合せ

「東京地方裁判所管理局」というところから、身に覚えのない支払督促状が届いた。「特定消費料金」が未納であるという内容で、訴訟の取下げ期限が明日までと書いてある。はがきに書いてある番号に電話したほうがよいか。

コメント

身に覚えがない請求であっても、裁判所から届いた正式な支払督促であれば、対応をする必要があります。このため、まずは正式な支払督促であるか、裁判所に確認しましょう。ただし、届いたはがきに記載されている裁判所の電話番号が偽の電話番号である可能性もありますので、NTTに問い合わせるなどして裁判所の電話番号を確認すべきです。
裁判所に確認し、正式な支払督促でないと判明すれば、何も対応する必要はなく、無視してもかまいません。
設問の「東京地方裁判所管理局」という部署は実在しません。このように、あたかも実在するような組織名を使用したはがきが届く場合もありますので、注意しましょう。
支払督促という手続は、簡易裁判所の裁判所書記官に申立てを行うことにより、債務者に対して金銭の支払を命じる制度のことです。支払督促が確定することを回避するには、支払督促の送達を受けてから2週間以内に督促異議の申立を行うことが必要です。
正式な支払督促への対応が必要な場合は、弁護士等の専門家に相談するとよいでしょう。

以前に掲載したお問い合わせはこちら

利用概要

法的トラブルに巻き込まれてお困りの時は、迷わず法テラスにお電話ください。また、法的トラブルかどうかわからない方も、お気軽にお問い合わせください。
法テラスの専門オペレーターが、お問い合わせ内容に応じて、法制度や相談機関・団体等を紹介します。

法的トラブルでお困りの方は

電話 0570-078374 おなやみなし

電話:0570-078374(PHS可)
 (IP電話からは電話:03-6745-5600)
法的トラブルでお悩みの方のお問い合わせに対し、適切な法制度、関係機関(法律相談・公的機関窓口等)の紹介をしています。
詳しい流れは法テラスの利用の流れでご確認ください。


犯罪被害にあわれた方は

犯罪被害者支援ダイヤル 0570-079714 なくことないよ

電話:0570-079714(PHS可)
 (IP電話からは電話:03-6745-5601)
犯罪被害者支援を行なっている機関・団体との連携のもと、各地の相談窓口の情報を収集し、「その方が必要とされている支援」を行っている窓口をご案内します。
また、被害にあわれた方やご家族の方などが、その被害に係る刑事手続に適切に関与したり、お受けになった損害・苦痛の回復・軽減を図るための法制度に関する情報を提供します。
さらに、弁護士による法律相談等の支援を必要とされる場合には、個々の状況に応じて、弁護士をご紹介しています。
詳しい流れは法テラス犯罪被害者支援の利用の流れでご確認ください。


受付日時

平日の9時~21時、土曜日の9時から17時
(祝日・年末年始を除く)

料金

利用料

0円

通話料

電話:0570-078374または電話:0570-079714にかけた場合(ナビダイヤル)
固定電話からは、全国一律3分8.5円(税別)
携帯電話からは、20秒10円程度(税別)
公衆電話からは、全国一律1分10円

電話:03-6745-5600または電話:03-6745-5601にかけた場合
IP電話からは、3分約8.4円(税別)



注意点

オペレーターは個別の法律相談や法的判断を行うことはできません。法テラス・サポートダイヤルでは制度や手続きをご紹介し、個別法律相談を望まれる場合は最適な法律相談窓口をご案内しております。

相談の秘密は厳守いたします。

個人情報については適切に管理いたします。

通話内容は、応対品質向上を目的として録音しております。

折り返しのお電話はしておりません。

オペレーターの指定はできません。以前、お電話いただいた方からも再度事案の聞き取りをさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

法テラス・サポートダイヤルの混雑状況については、以下のPDFをご覧ください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。法テラス・サポートダイヤル混雑状況(PDF:61KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

以下フッタです
ページの先頭へ