このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイト内検索

  1. トップページ
  2. 相談をご希望の方へ
  3. 法テラス・サポートダイヤル
本文ここから

法テラス・サポートダイヤル

サポートダイヤルに寄せられているお問合せをご紹介します

石綿・アスベスト訴訟(建設現場)

建設現場で働いていて、アスベストを吸い込んで病気になったのですが、私も賠償金を支払ってもらえるのでしょうか?

コメント

平成26年10月9日の大阪泉南アスベスト訴訟最高裁判決において、昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間、国が規制権限を行使して石綿工場に局所排気装置の設置を義務付けなかったことが、国家賠償法の適用上、違法であると判断されました。
この最高裁判決で国の責任が認められた労働者と同様の状況にあった石綿工場の元労働者やその遺族の方々が、訴訟上の和解手続の対象となります。
「同様の状況にあった方々」とは、具体的には、昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に、局所排気装置を設置すべき石綿工場内において、石綿粉じんにばく露する作業に従事した結果、石綿による一定の健康被害(石綿肺、肺がん、中皮腫等)を被った労働者とその遺族です。
したがって、建設作業が原因で石綿による病気になった場合は、和解の対象になりません。
なお、建設事業に従事していた方については、令和3年6月9日に成立した「特定石綿被害建設業務労働者等に対する給付金等の支給に関する法律」により、要件を満たせば給付金を受け取れる可能性があります。
ただし、この法律はまだ施行されておらず、制度の開始日や請求手続きなどの詳細については厚生労働省において検討の上、公表される予定です。
この給付金に関する相談については、「労災保険相談ダイヤル」(0570-006031)でも受け付けておりますのでご活用ください。

 

以前に掲載したお問い合わせはこちら(年度別)

利用概要

法的トラブルに巻き込まれてお困りの時は、迷わず法テラスにお電話ください。また、法的トラブルかどうかわからない方も、お気軽にお問い合わせください。
法テラスの専門オペレーターが、お問い合わせ内容に応じて、法制度や相談機関・団体等を紹介します。

法的トラブルでお困りの方は

電話 0570-078374 おなやみなし

電話:0570-078374
 (IP電話からは電話:03-6745-5600)
法的トラブルでお悩みの方のお問い合わせに対し、適切な法制度、関係機関(法律相談・公的機関窓口等)の紹介をしています。
詳しい流れは法テラスの利用の流れでご確認ください。


犯罪被害にあわれた方は

犯罪被害者支援ダイヤル 0570-079714 なくことないよ

電話:0570-079714
 (IP電話からは電話:03-6745-5601)
犯罪被害者支援を行なっている機関・団体との連携のもと、各地の相談窓口の情報を収集し、「その方が必要とされている支援」を行っている窓口をご案内します。
また、被害にあわれた方やご家族の方などが、その被害に係る刑事手続に適切に関与したり、お受けになった損害・苦痛の回復・軽減を図るための法制度に関する情報を提供します。
さらに、弁護士による法律相談等の支援を必要とされる場合には、個々の状況に応じて、弁護士をご紹介しています。
詳しい流れは法テラス犯罪被害者支援の利用の流れでご確認ください。


受付日時

平日の9時~21時、土曜日の9時から17時
(祝日・年末年始を除く)

料金

利用料

0円

通話料

電話:0570-078374または電話:0570-079714にかけた場合(ナビダイヤル)
固定電話からは、全国一律3分9.35円(税込)
携帯電話からは、20秒11円程度(税込)
公衆電話からは、全国一律1分11円(税込)

電話:03-6745-5600または電話:03-6745-5601にかけた場合
IP電話からは、3分約9.24円(税込)



注意点

オペレーターは個別の法律相談や法的判断を行うことはできません。法テラス・サポートダイヤルでは制度や手続きをご紹介し、個別法律相談を望まれる場合は最適な法律相談窓口をご案内しております。

相談の秘密は厳守いたします。

個人情報については適切に管理いたします。

通話内容は、応対品質向上を目的として録音しております。

折り返しのお電話はしておりません。

オペレーターの指定はできません。以前、お電話いただいた方からも再度事案の聞き取りをさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

法テラス・サポートダイヤルの混雑状況については、以下のPDFをご覧ください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。法テラス・サポートダイヤル混雑状況(PDF:61KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

以下フッタです
ページの先頭へ